タイトル画面

純粋税制批判とは

これは、税制のあるべき姿についての哲学的考察について記された書籍です。 初版はバブル末期の1990年ですが、28年経った現在、その先見性が証明されつつあります。

この本では、地価の暴落と日本経済の混乱に対応する処方箋、および日本経済再生のシナリオが示されています。

サイト管理者からお知らせ

書籍「純粋税制批判」の筆者大山透は、平成29年10月この世を去りました。 本は既に完売しており、再販の予定はありません。

しかし、本の内容を一人でも多くの方に読んでいただきたいと思い、この度全文を掲載する事にしました。

スポンサーリンク